大牟田・みやま・荒尾で家を建てるなら松永建設まで!

お問い合わせはこちら オフィシャルサイトへ

大牟田・みやま・荒尾で家を建てるなら松永建設まで!

大牟田・みやま・荒尾で家を建てるなら松永建設まで!

2021/06/11

スマート〇〇の違いについて

皆さんこんにちは(・ω・)松永建設です!

今回は最近耳にする『スマートホーム』と『スマートハウス』の違いについて紹介していきます。

 

ホームもハウスも意味は一緒だから同じ言葉だとおもいますよね?

また、違うとは分かっていてもどこが違うまでは知らない方が多いと思います。

 

まずは『スマートホーム』からです。

 

スマートホームとはインターネットの活用にあり、インターネットに接続できる家電を集めて、それらをスマホやスマートスピーカーで操作ができるようにします。

例えば、『アレ〇サ、電気を付けて』や、エアコンが自動で快適な温度に設定されるなど・・・

そのためスマートホームは生活を便利にする仕組みなのです。

 

まだまだ発展途中なのでインターネットに接続される家電の種類は少ないので、現状はまだ誰もが便利と思える状況ではありませんが、今後は冷蔵庫内の食材を確認してメニューを決めてくれたり、帰宅するタイミングで自動でお風呂を沸かしてくれたりも出来るようになるかもしれませんね( ^o^)ノ

 

次に『スマートハウス』です、

スマートハウスの特徴はエネルギーの有効活用で、省エネ・蓄エネ・創エネの観点から家庭内のエネルギー消費を最適にコントロールする住宅のことです。

具体的には、ソーラーパネルなどで発電、蓄電池で蓄え使用先をコントロールして省エネを目指すといった仕組みを指します。

 

スマートハウス活用されている技術の中でも特に注目したいのがHEMSです。

HEMSとは、Home Energy Management Systemの略で家庭内で使うエネルギーの管理システムの事で、家電や電気設備などと繋げて電気やガスの使用量をモニター画面で見える化したり、家電機器を自動抑制したりします。

 

外出先でもスマートフォンでエネルギーの使用量が確認できるので、洗濯機やエアコンを遠隔操作することも出来るようになり、節電の強い味方になります!

 

まとめになりますが、スマートホームが『利便性』でスマートハウスが『省エネ・節約』です。

 

そのためどちらが良いということではないし、政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指すとしているので、将来的にはスマートハウスとスマートホームは共存も出来るということです。

より便利に快適に生活するためにはこういったスマートホームやスマートハウスという選択肢があることも知っていただけたらとおもいます。

 

家づくりでお悩みの方や、新築・リフォームをお考えの方にこれからも寄り添える工務店でありたいと考えております(・ω・)

お気軽に松永建設までご相談ください♬

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。